ボトックスによる小顔効果

ボトックスによる小顔効果

ボトックス注射の効果は継続すること

 定期的に施術を3〜4ヶ月くらいに一度受けるのが、ボトックスを小顔効果を得るために使用した場合には良いかもしれません。続けてボトックスの施術に通わなければならないということであり、金銭的にも負担が生じることになります。なぜ定期的に施術を受けたほうがよいのでしょうか。下あごにある咬筋の働きをボトックスを注射することによって抑えるのが、小顔効果をボトックスによって得た場合です。筋肉を退化させることによって顔のエラ部分を小さく見せることを得られるようになっています。

 

 施術後のボトックスの効果は通常少しずつ薄れていくものです。元の状態に約半年から1年程度で戻ってしまうのが、ボトックスによる小顔効果だといいます。ボトックスの効果がいずれは無くなってしまうことをデメリットと感じる人もいるかもしれません。逆にボトックスの良いポイントでもあり、メリットともいえます。万が一納得できない部分がボトックスによる小顔効果にあったとしても、もう一度半年後にやり直せるのです。美容整形手術をして満足できなかった場合は再手術することになってしまいます。ボトックスによる小顔のための施術はリスクが低い美容施術だと言えます。

 

ボトックスの美容施術で小顔になる

小顔効果は、筋肉を萎縮させるボトックスの働きによって得ることができるものです。ボトックスによって顔のエラの筋肉を萎縮させることで、小顔効果が得られるようになります。顔が大きく見える原因のひとつとして、エラが張っているというのがあげられます。
 小顔効果をボトックスによって得られるのは、顔のエラの張りをおさえることにより、小顔を生むからです。エラが張っていると顔が大きく見えます。エラというのは顔のあごの周辺にある咬筋と呼ばれる筋肉が発達してできたものです。

 

 ボトックスによる小顔効果というものは、小顔効果を咬筋を萎縮させて得る仕組みになっています。ボトックスによる小顔効果を得るためには、咬筋に少量ボトックスを直接注射します。施術時間は10分〜15分位で済みます。小顔効果は、個人差はありますが、ボトックスを注射してからだいたい1ヶ月くらいで現れてくるようです。エラのあたりを刺激するのは、ボトックス注射後は控えるようにし、注入したボトックスが分散するのを防ぐように気を付けましょう。せっかく施術するのですから、しばらくはマッサージを控えましょう。食事も術後すぐはなるべく控え、あますところなくボトックスの小顔効果の恩恵にあずかりましょう。

PR

ボトックスによる小顔効果関連ページ

自宅でできるしわとたるみ対策
しわやたるみを取り除くため、家でできることは何でしょう。自宅でできる対策の中でも気軽に取り組めるのがフェイスストレッチです。普段の生活で私たちは顔の表情筋の3割程度しか使っていないといいます。しわやたるみができないよう、フェイスストレッチで表情筋を強化しておきましょう。
しわとたるみ改善に役立つサプリメント
お肌のしわやたるみを取り除くために、サプリメントを用いるという方法を使う人は少なくないようです。しわやたるみに効果のあるサプリメントといえば、コエンザイムQ10です。コエンザイムQ10はすべての細胞に存在している酵素です。
しわ予防方法
年を取ると人間の肌はしわやたるみができてしまうのでしょう。一体しわやたるみの原因はどのようなメカニズムなのでしょう。加齢によるしわの原因は、コラーゲンが減少しエラスチンが変性することです。
フェイシャルマッサージ方法
フイシャルエステが結果的に美容につながるのは、とても効果的にむくみやたるみの解消ができるのです。フェイシャルマッサージは、定期的に受けることにより、顔の下膨れや二重あごの改善も望むことができます。
ボトックス注射でエラをスッキリ!
ボトックスといえばイメージはシワを取るものが大きいですが、近頃人気なのがボトックスによる小顔効果だそうです。
フェイシャルエステの方法について
どんなフェイシャル美容の施術方法があるのでしょうか。フェイシャルエステはエステサロンで施術する方法以外にも、自宅で簡単に出来る方法もあります。
小顔マッサージ
特に小顔効果が高いのはリンパマッサージです。血液やリンパ液の流れを改善することで、顔のむくみを解消し、引き締めるという方法です。

ホーム RSS購読 サイトマップ