メイク落としと肌トラブル

メイク落としと肌トラブル

メイク落としと肌トラブル

日常的に使うスキンケア用品にメイク落としがあります。十分にメイクが落ちていないと肌に負担になってしまいますので、メイク落とし選びはしっかり行いましょう。肌にメイク汚れが残っていると、肌はどんな状態になるものなのでしょうか。ニキビ、肌荒れ、色素沈着によるシミ、シワといった問題が起きてきます。ニキビとは、毛穴に汚れが詰まった状態になると、皮膚が常在菌によって炎症を起こしやすくなるのが発端だといいます。

 

顔についた汚れを落とし、日中つけていたメイクもクレンジングで洗い落とすことができていれば、肌に悪影響を及ぼすものはありません。しかし、ファンデーションが残っていて毛穴を塞いでいた場合、そこから炎症が起きてにきびができてしまうのです。お肌に残ったシミが、メイク落としをきちんとできていなかったためにできた色素沈着である場合もあります。メイク汚れが残っている部分にシミができやすいのは、その部分だけ皮膚の老化じ進みやすくなるからだと言われています。

 

目の周りなどにメイクをした後、きちんと落ちていない状態が何度も続くと落ちていない部分だけ、肌の老化が進むのです。皮膚が他の部分より老化してしまうと、シミができやすくなります。1日のメイク汚れはメイク落としできちんと落とす習慣をつけましょう。

 

メイク落としの化粧品

メイク落としを選択する場合は、何を基準にすればいいでしょう。自分に合うメイク落としを決めるには、まずメイク落としには何があるかを理解することです。メイク落としの種類はさまざまです。フォーム状やクリーム状のメイク落としのほか、オイル、ジェル、コットンでのふき取りシートなど、色々なメイク落としがあります。ジェルやミルクタイプのメイク落としは、つるつるとした感触で、肌への刺激も少ないので、敏感肌の人にお勧めの商品です。

 

洗浄力が強くないため、フルメイクをしている人は汚れ落としが出るかもしれません。メイクの量が普段から多い人は、メイク落としの力も強いものである必要があります。オイル状のメイク落としは、洗浄力の強さには定評があると言われています。ただし、オイルタイプは肌への刺激が強いので、長い間使い続けていると肌トラブルを引きおこすことがあるといいます。多くの人が使っているのがクリーム型のメイク落としです。肌に馴染みやすいという特長があります。クリーム型のメイク落としは、洗い上がりの感触を好まない人もいます。クリームの質感が肌に残っているというのがその理由です。

 

シートタイプのメイク落としは手軽でいつでも使えるメリットがあります。しかし、いつまでも品質が変わらないように防カビ剤が配合されていたり、アルコールが使われていることも多いので、肌を傷めてしまうことがあります。肌への負荷が少なく、化粧を過不足なく落とすにはどのメイク落としがいいか、商品を選ぶ時によく考えましょう。

 

メイク落としの選び方

メイク落としを選択する時には、日ごろどんなメイクをしているかや、肌質は何かによっても違ってくるといいます。ジェルやミルク型のメイク落としでは、きつめのメイクをしている人にとっては足りないといいます。人によっては、1度ではなく2度メイク落としをしなければならないこともあります。忙しくてメイク落としに時間が取れない人にはオイルタイプが便利です。オイルタイプのメイク落としは洗浄力が強いので、乾燥肌や敏感肌の人は肌のダメージを被ってしまうことがあります。

 

元々肌への刺激がマイルドなジェルタイプやミルクタイプのメイク落としが、敏感肌の人などにはいいでしょう。メイクをどのくらいの濃さでしているか、肌は強いか弱いかでメイク落としを選びます。どんな使い方をするメイク落としかは、以外と大事なことです。家に帰ってくる時間が遅く、夜はシャワーしか使わないという人は、ミルクやジェルなどシャワー時に使えるタイプを選びましょう。帰宅してから真っ先にメイクをゆっくりと落としたいという人もいるでしょう。

 

時間に余裕があるなら、クリームタイプのメイク落としでマッサージをしながらメイクを落としていくといいでしょう。1日のうちいつメイクを落とすかも、メイク落とし選びではポイントになります。

PR


ホーム RSS購読 サイトマップ